最新 追記

ほげほげ日記

2003|09|10|12|
2005|01|02|03|05|06|07|
2006|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|12|
2009|01|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|
2014|05|
2015|03|04|05|06|

2009-07-01 雨降ったりやんだり

_ 一日行ったり来たり

校了直前なのでいろいろ大変。ご飯もろくに食えやしない。


2009-07-02 雨シトシト

_ 水槽メンテ

最近水槽近辺から異音がするようになったので確認したところ

ロックフィルターの水中モーターがしゃっくりを起こしていた。

出してみると表面は見事にヌルヌルしており、ヌメリが入水口をふさいでいる感じ。

ちょいとバラして掃除してみたところ異音は発生しなくなった。

けれども数時間後にまた異音発生。再度掃除するも状況改善せず。はてな?

掃除途中にロックフィルター内のバイオパックjrが結構変色しているのでパックも両方交換した。

するとその後、水中モーターは異音を発しなくなった。え?原因そこ?

_ アンブリアはもうだめ?

第3次植林で導入した岩付きアンブリアも下の方から黒ずんでいるようだ。

取り出してみると青海苔状というかヘドロチックな状態。うえ。

けれども上の方はまだまだ緑色で元気なようなので、思い切って下3分2位の葉をパージ。

他にもかろうじて生き残っているアンブリアを大集合させて再び岩にセットしてみた。

逆にウィステリアとカボンバは元気があるように見える。

やはり水質がアンブリアには合っていなかった、ということか。

ついでに水面に浮かべていたカボンバも底砂に立てる。

かなり水草水槽っぽくはなったので、これでしばらく様子をみよう。


2009-07-03 曇り夜に雨

_ 生き物どうしよう

いよいよ水槽に生物を入れるステップ直前となった。

ヌマエビ系を入れてみたいと思っているが、一緒にテトラとかオトシンクルとかも入れてみたい。

しかしすぐ死んじゃうのもやだなぁ、と思っていたところ、

パイロットフィッシュにはアカヒレがいいというネタをネットで拾う。

それほど高額ではないようだ。

今度熱帯魚屋に行く時に合わせてチェックしてみよう。


2009-07-04 晴れ

_ 水質チェック

昼にテトラジャパンのTest6in1で水槽の水質チェック

Cl2:0 pH:6.8 KH:6d GH:8d NO2:5 NO3:100

チェッカーと色見本とのくらべっこなのでだいたいこんな感じ。

塩素0の弱酸性。炭酸塩硬度と総硬度は許容内。

亜硝酸塩と硝酸塩は水替えしましょうレベルだが、先週よりも両方やや減っている。

やはり水草を増やしたのは硝酸塩低下に効いたようだ。

一方亜硝酸塩濃度が高いのはそれまでの腐った水草が分解された結果だと思う。

今日明日にでも水替えをして様子をみよう。


2009-07-05 曇り時々晴れ

_ ヌルヌルしてきた

ウォータークールからの出水がどうも不安定になってきた。

そこで冷却用ファンを外して中を覗いてみたところ、中の水位が異常上昇中。

あれ、最初はこうじゃなかったぞ。

どうも内部のマットが目詰まりを起こしてきたらしい。

ちょいと調整しようかと指を突っ込むとヌルヌル〜とした感触が。わお。

ウォータークールの構造上そのまま出せないタイプなのでマットの掃除は後回し。

そのかわり滴下ユニットの目詰まりだけ楊枝とブラシで落としてみた。

こちらも物理的ゴミではなくなんかヌルヌルしたのが穴を塞いでいたからである。

やっぱ水槽からの水を直接流すと結局後々のメンテに手間がかかるようだ。

ウォータークールの前にもうひとつフィルターをかました方がいいのか?

_ 葛西臨海公園

にある水族館に行ってきた。やっぱ業務用は水槽がでかい!

途中の展示で水槽を上からのぞけるコーナーがあったけど、

それ以外にもフィルターやらパイプやら設備が丸見え。そっちの方も面白かった。


2009-07-06 曇りから雨のち晴れ

_ ウォータークールを掃除

いったん全部ばらしてフィルター類をゆすいでみた。

想像以上にヌメリが付着していたが不快な臭いではなくただ土臭いだけ。

これは今水槽に入れているソイルの臭いそのものだとおもう。

けれども排水にともなう異音は解消せず。やっぱマット交換かな。

_ 水質チェック

掃除したついでにテトラジャパンのTest6in1で水槽の水質チェック

Cl2:0 pH:6.8 KH:6d GH:8d NO2:1 NO3:50

おお、亜硝酸塩と硝酸塩が減ってます。全体的に教養範囲の水質になってるようです。

土曜にぶち込んだテトラセイフスタートが威力を見せつけてくれたのか?

どんどん朽ちていたアンブリアを取り除いたから改善したのか?

まあ今週末にまたチェックしてみましょう。

_ マット交換ではなく追加

熱帯魚屋でフィルター用の濾過マットお徳用というのを購入。

ショップオリジナル物で上部フィルター用だが大きめの物なので現物合わせでウォータークールに使えそう。

やはり多少長かったが横幅はぴったりしていた。ハサミで適当に切ってウォータークールに詰める。

前からあったマットはへたれている上にヌルヌルだが、捨てちゃうとバクテリアがなくなるような気がする。

そこで新しいマットを敷いた上に古いマット、さらにその上に新しいマットを敷いて三層状にしてみた。

こうすると臭いとかしなさそうと思ったからだ。

けれども予想に反して逆に部屋の中に水の臭いが充満してしまった。


2009-07-07 晴れ

_ マットが落ち着いたか

マットを変える前は出水量が安定せずゴボゴボズズーとやかましかったウォータークール。

ちょうどすすぎ中の洗濯機のような音だったが、それなりに周期的だったのでおもしろくはあった。

今回マットを追加したところ、空気をかんでボコボコいうのは変わらないが出水量は安定したようだ。

音もちょうど投げ込み式エアーフィルターのような音になってきた。

_ マット変えたせい?

マット変えて表面積が変わったせいかどうかしらんがよく冷えるようになったような。

ただしその分臭いがするように。

外出してから部屋に入ると畑でも耕したってくらい土臭い。

前は水に浸ってたからそんなに目立たなかっただけなのか。

もう古いマットはゴミの日に捨てよう。


2009-07-08 曇りで時々雨

_ ユーロエックスパワーフィルター75

テトラジャパンの外部フィルターをつい購入してしまった。

60cm水槽なので適合サイズは一番小さい60でいいはずなのが

ろ材コンテナの数も65では1L×2、75は1L×3と分かりやすくグレードアップ。

それでいて価格差が1000円しなかっのだ。これはひとつ上のランクを購入しちゃうでしょ。

それと今使っているウォータークールは最大毎分10L以下のポンプにつなげる必要があったため、

75のポンプ流量が毎分10L強と分かりやすかったのもポイントでした。

外部フィルターはエーハイムの方がテトラより実績も評判も上のようだけど、

低価格のラインナップでは現状の床、水槽、ウォータークールの構成に組み込むには最大揚程がちと足りなかったのだ。

_ 組み立て簡単

マニュアルにそって、ろ材を洗浄してから本体内にセット。ろ材も最初から全部入っているのは嬉しい構成。

ホースの長さ調整は後にして、取りあえずタップやらに接続してゆく。

手順としては簡単なものだし、ホースも差し込んだ後に固定ネジで締め混むタイプなので固定感は上々。

てれてれやったので時間はかかったが感覚としては簡単スグにできた。

_ 慣らし運転

取りあえず入排水パイプを水槽に借固定して運転開始。

口で呼び水を吸い出さなくてもいいようにスタートボタンなるものがついているのだが、

これを水が来るまで素早く数回押せとの指示がある。でも電気仕掛けとかではなく、要は手動のポンプボタンw

なるほど通常はこれでしゅこぽこやればいいんでしょうけど、家の水槽はロックフィルターを入れている都合上水面がやや下。

数回じゃとても水が回ってくれません…。ど根性でなんとかしましたが。

_ 作動音は静かすぎる

電源を入れて運転開始。最初は本体内にあるエアーが混ざるためゴバゴボ。しばらくすると落ち着くがたまにシャリシャリ音がする。

マニュアルに従って本体を左右に揺すると、残ったエアーが抜けて音はしなくなった。

作動音自体もそばに耳を近づけないと気がつかないほど低い。動いてるかどうか不安になるくらい。

しばらく回したが水漏れはないようだ。そこで異径ジョイントをかまして排水ホースをウォータークールに接続。

ついでにウォータークール内の古いマットを取り外して交換。

これまたゴバゴボいいだしたが、馴染むまでしばらく様子見。


2009-07-09 晴れ

_ 今日の水質

Cl2:0.8 pH:6.8 KH:6d GH:8d NO2:0 NO3:25

外部フィルターを入れた分だけ水を追加したが塩素抜きが十分ではなかったようだ。反省。

亜硝酸はゼロ、硝酸塩も安全圏内。嘘みたいに激減している。

問題は生体を追加したときにどこまで耐えられるかですが。


2009-07-10 晴れ

_ 暑いわ〜

クーラー入れてもなかなか冷えない季節になってきましたね〜。

クーラーさん情報では外気温32度とか。そりゃ冷えないわ。

でも室温31度表示に対して水槽の水温は何とか27度台。

それなりにウォータークールは効いているようだ。

ちょっとクーラーをかけると水温もたちまち26度台へ下降するよ。

_ 貝元気

水槽内に闖入したスネールくんは心なしか少し大きくなったようだ。

夕方とかにはガラス面を這いながらコケをちょびちょび食べている。

夜は下の土の上で動かなくなっているので寝ているんだろう。

これはこれでかわいい。


2009-07-11 晴れと曇り

_ 暑い

のでちょっと体調がよくなかった。

ダウン気味


2009-07-12 あちちち

_ 朝起きたときにやたら部屋がジリモア状態。

クーラーのリモコン情報では室温が32度に。

これは死んでしまう。

でも水槽はウォータークールががんばって27度にしていた。

室温-5度の性能はほんとうなんですね。

兄夫婦が出かけているので姪っ子甥っ子と一緒に外食に。

ハンバーグセットが全部入らなかった。むう、また不調か


2009-07-13 晴れで暑い

_ 離れは熱がこもる

なんといっても部屋の中はパソコン&家電が常時唸っているので

ヒーターがつけっぱなし状態なわけである。

クーラーを入れて涼しくなっても、ちょっと止めるとまた暑くなってくる。

これからの電気代が心配じゃ。

_ 水槽ちょっと整理

買っておいたリシアやウィローモスを挟んで止めるプラ性のキットを組み立てる。

これにウィローモスを挟めば格好いいレイアウトになるらしいのだが。

ネットに入れたまま水槽に突っ込んだままのウィローモスをネットから出してみたら、

大部分が茶色くなってしまっていた。厚みが増すと奥の方は枯死するとは聞いていたが……

緑色の部分をキットにセット。うまくいくかな?


2009-07-14 晴れ

_ 室温ヤバ過ぎ

暑いナーと思ってはいたが、おきた時の室温はリモコン情報で34度。外気温は38度。

水槽の水温も29度にいってしまいました。ヤバイね。

クーラー入れてもなかなか冷えてくれません。

普段は開け放しの台所へのドアと寝室へのドアを閉めて一部屋モードにしてようやく冷えてきました。

室温が下がるとたちまち水温も下がるけど、ちょっと怪しい。

水槽の壁面に貼り付けるタイプの水温計なので外気温の影響が大きいんじゃないか?

かといって水槽のど真ん中にセットするのもちと難しいし……。

生体入れるのはまだこわいなあ。

_ 貝は元気

最初に発見した三角型のスネールの他に、ちっちゃい丸っこいのも2匹いたのだがそれが最近巨大化している。

1ミリくらいのかわいい奴が7ミリくらいになっているのだ。もしかしたら別個体なのかもしれないが。

掃除をさぼっているため茶色のコケが壁面を覆い始めたが、そのコケをミジミジと食べているようだ。

のたくっている移動の後が壁面に残っており、そこだけコケがなくなっている。

これもコケのお掃除キャラとしてがんばっているようだ。


2009-07-16 晴れ

_ 今日の水質

ハイポネックスを少量入れながら水槽チェック

Cl2:0 pH:6.8 KH:6d GH:8d NO2:0 NO3:25

すべてセーフティエリア内。現状での水質はどうやら安定したようだ。

NO3がやや多いためか茶ゴケが発生している。が、水槽内が見えないほどではないし

貝が食べているのでまあこんな物かなと。水草の肥料と言えなくもない。

_ ライトに向かってる

いま水槽上にセットしているのはテトラのスライド式ライトなのだが、

構造上蛍光灯があるのはユニット中央部のみとなっている。

別に気にもとめていなかったが、日が経つうちに水草がライトに向かって傾き始めた。

真ん中にセットしてある水草はいいけど、端の方の水草が首をぐいっと曲げているのだ。

おかげで予想外に中央部が混み合ってきました。

トリミングとかしろってこと?


2009-07-17 曇りで晴れ

_ 水槽ちょっと整理

伸びすぎたカボンバをちょっとトリミング。

トリミングしたのをまた溶岩石にセットしてみた。

ウィステリアも端の黒ずんだ葉をカットしたり。

ゾックの位置も変えてみて水槽内の空きスペースをやや広げてみた。

_ 移民開始

そしてついに魚を買って来ちゃいました。

丈夫でパイロットフィッシュによいといわれるアカヒレを20匹。

エサと込みで1000円弱。安いなぁ。

水合わせをした後で水槽内に放流した。

環境変化になれてないようでせわしなく泳いでいるが、どうなることやら。

これで水槽内の生体バランスは崩れずに持つのか?


2009-07-18 曇りで時々雨

_ アカヒレ泳ぐ

水槽に導入したアカヒレだが、一晩経っての死亡者はいない模様。

落ち着かせるためにエサは1日やらなかったのだが、水槽内のコケや

ウィローモスをさっそくつんつんつついている。

エサも食べるがオヤツには不自由しないようだ。

そういえば水槽の壁に増殖していた白いちっちゃなもの(プラナリア?)がほとんどいなくなっていた。

アカヒレに食われた?

_ プラモのゾック

を水槽内に入れているのだが、その表面に生えたコケもアカヒレがつんつんつついている。

プラモの前に小魚がスイスイ泳ぐ様はまんまゲイリー・アンダーソンの世界で笑える。

スティングレーかサンダーバードか。


2009-07-19 曇り時々雨

_ 虹を見た!

曇りがちな空だったが夕方には日がさして夕焼けがみごと。

町の人も空を見ながら携帯で写真撮ったりしている。

でも方向が逆だよ?と思いながらも空を見上げると虹がペカリン。

半円状にハッキリとしていた上に、もう一本が二重写しのように浮かんでいた。

町屋のあたりは高層ビルが少ないのでしみじみと観ることが出来た。

なんだかラッキーと思った。

_ 水槽のウィローモス

ウィローモスを挟んで止めるタイプのキットでセットしていたのだが、

茶色い部分の方が目立ってしまっている。最初に入れた物がダメだった?

ちょっとセットし直さなきゃ。


2009-07-20 晴れ

_ 靴の洗濯

といってもバケツに洗剤と一緒に放り込んでつけ置き。

めんどくさいからブラシでこすったりしません。

それでも結構水が汚れていたなぁ。


2009-07-21

_ アカヒレはさまる

昼に水槽を覗いたら、水槽の壁面とロックフィルターとの細い隙間にアカヒレがはさまってた。

身動きもせずノシイカ状態。死者第1号はマヌケ死かよ!とあわててロックフィルターをずらす。

はさまっていたアカヒレはゆっくりと沈んでいったので、だめだこりゃと思っていたが、

底につくと思い出したように泳ぎだした。どうやら挟まってすぐだったようだ。

夜になっても調子の悪い奴はいなさそう。


2009-07-22 曇り

_ 水質チェック

Cl2:0 pH:6.8 KH:6d GH:8d NO2:0 NO3:50

生体投入後の初チェックだが、NO3がちと増えている。他は問題なしのようだ。

逆に言うとバクテリアくんががんばっている証拠だろう。

まあこのくらいのNO3ならコケが増える程度でしょう。

そろそろエビ入れようと思っているが、いつも行くショップではなぜか

ミナミヌマエビが売り切れ状態。これ季節とか関係あるんですかね。


2009-07-23 曇りだったっけ

_ 時間シフト

また夜型になってきた。

いかんなぁ。


2009-07-24 降ったりやんだり

_ 成城学園前

に仕事で行ったんだけど、なんか様変わりしている。

というか線路が地下に潜っていてビックリ。

地上に立派な駅ビルが建っててビックリ。

まあ、前によく通過していたのは20年前ですから変わりもするでしょう。

というか小田急の新百合ヶ丘までの各停が止まる駅がどんどん立派になってるような。

複々線化が地味ーに進行しているようですね。


2009-07-25 晴れで暑いなぁ

_ オトシンクルス購入

いつもいってる熱帯魚屋が先週からセールをやっていて、いまならオトシンクルスが1匹84円だとのこと。

のぞきにいこうと思ったが暑いので死にそう。なので兄に車を出して貰った。

さすがに単体発売ではなく3匹、5匹、10匹セットでの販売。それでもいつもの半額以下。

お試しに3匹購入してしまった。あとウィローモスマット付きとバイオボールなるものも購入。

_ オトシンクルス元気

水合わせ中は袋の中でジットしていたオトシンクルスだが、水槽内に移した所やたらビュンビュン泳ぎ回る。

断末魔だったらやだなぁと思いつつ様子見。


2009-07-26 晴れ。暑い

_ オトシンクルス元気?

一晩あけたところで水槽を見るとオトシンクルスは底の方でジッとしている。

昨日泳ぎまくっていただけに調子悪いのかとちょっとドキドキ。

動かないから分からないが、水槽の壁に生えた茶ゴケを食べているようなそうでないような。

あと意外と壁にひっつかないので、いるのいないのか分からなくなる。

浮かんでないからお星様にはなっていないようだが。

3匹いるはずが3匹そろって見えた試しがないのよ。


2009-07-31 曇り

_ コケが減っている

水質が安定したせいかオトシンクルスを入れたせいか、ガラス面の茶ゴケが激減してます。

コケがなくなったらオトシンクルスは餓死するとのネット情報もあってビビる。

ここでプレコ用のタブレットエサ投入ですよ。

最初に試したときは全然食いつかなくてむなしく崩れていましたが、

今回はふやけたタブレットにオトシンクルスが3匹とも群がってます。

オマケに巻き貝までやってきてみんなでモグモグ。


最新 追記

以下のメッセージを削除するには、「設定」画面から「フッタ」を編集してください。

あらかじめREADME日記の書き方には目を通すようにしてください。