最新 追記

ほげほげ日記

2003|09|10|12|
2005|01|02|03|05|06|07|
2006|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|12|
2009|01|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|09|10|11|12|
2012|01|02|03|04|05|06|07|08|09|
2013|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|
2014|05|
2015|03|04|05|06|

2012-01-01 晴れ

_ 初っぱなから地震

部屋の片付け開始。とほほ。


2012-01-14 晴れ

_ 裁断機に挑戦

兄が購入した裁断機を使ってみた。

最初はどうでもいい雑誌と言うことで、本棚に眠っていた「ボーダーランド」という昔のオカルト本を試してみた。

結構出てきたので、この頃は暇だったのかな〜と述懐。1996年創刊とか書いてあった。わお。

_ 中閉じ誌なので

まず真ん中の綴じ針をラジオペンチで抜く。そうでないと裁断機の歯が逝かれてしまう。

ガイドラインに合わせてレバーを下げれば裁断。予想以上にスムーズにレバーは下がり、手応えもなくバチョンと裁断終了。すげー。

ただど真ん中を狙ったつもりが多少ずれてしまった。そのためページの幅が違う上に折り曲げ部が残ってしまった。

_ でも読み込めた

Scansnapの読み込み設定で悩むが、取りあえずスーパーファイン、モードは自動で読み込んでみた。

多少大きさが不揃いでも読み込む読み込む。おまけにそのスピードの速いこと。本当に読み込んでいるのかと疑問に思うくらい速い。

が、途中で異音と共にエラーで止まる。

どうも中に織り込んであるハガキごとはさすがにできないようだ。

のでハガキを手作業でハズして再チャレンジ。

一冊の取り込みはあっという間に終わってしまった。凄いなこれ。


2012-01-15 晴れ

_ 取り込んだPDFファイルを

表示してみるとなんかおかしい。

単一ページ表示ならともかく見開きページ表示にすると、なぜかノンブルが内側に。

そう、左右が入れ替わって表示されてしまうのだ。えーなんでー?

取り込んだときの順番がまずいのかと思い、上下逆にしたり後ろから読み込んでみたりといろいろやってみたが変わらず。

ページいちいち入れ替えなきゃならないのかメンドクセーと思っていました。

でもちょっとググって見たらアラ解決。Acrobatのプロパティで見開き表記の閉じ側をデフォルトの左から右に変えればよかったのだ。

いやーインターネットさまさまである。

_ 取り込みはどっち

Scansnapの読み込み設定でスーパーファインを使っていたが、その上にエクセレントというモードがある。

試しに使ってみたが、読み込み速度がガクッと遅くなる。

きちんとは計っていないがファインの5倍とか10倍かかってるんじゃないだろうか。おまけにエクセレントで取り込んだ絵は、細部が出ないというかモヤッと眠たい感じの絵になるのだ。

ボーダーランドはカラーグラフ誌なので写真が甘くなるのは困る、と思ってファインで取り込んでいた。

しかしエクセレントのゆっくりとした速度の方がかえって詰まりやジャムりが少ないんじゃないか?

あと最高品質で取り込んだ後にAcrobatでOCRをかければいいんじゃないか?とか無駄な発想が出てきてしまった。

のでエクセレントで取り込み直し。


2012-01-16 曇り

_ 裁断機使わない

中閉じ雑誌は結局1枚づつ真ん中に合わせて切った方が最終的にきれいになることを再確認。

なのでCARLのディスクカッターを使ってみる。これも兄が買っていたもの。

ページのセンターを見極めつつ裁断。折り込みハガキがあればそれは剥がす。

切り終わったらScansnapでエクセレント、カラーでPDF取り込み。

取り込んだ後はページの入れ違い、取り込み時の曲がりやドット抜けがないかをAcrobatの見開き表示で確認。

ドット抜けがあれば、Scansnapの光学系の汚れが原因の事が多いので、蓋あけてもこもこしたハンディクリーナー系で軽く掃除。

んで気になるページを再取り込み。Acrobat上で再結合とか挿入して完成させる。

いやいや、なかなかめんどくさいけどおもしろい。


2012-01-17 晴れ

_ ちまちまと

ボーダーランドの取り込み。

だいぶ要領が分かってきたので特に問題はない。

いやーscansnapの両面取り込みって改めてすごいなー。


2012-01-18 晴れ

_ わ、鬼

昔読んだ本に、正月の浅草寺に鬼が出る、という文を読んだ覚えがあった。

調べてみたら温座秘法陀羅尼会(おんざひほうだらにえ)という密教の大行事の最終日に行われる

亡者送りというのがそれなんだそうだ。

で、まさにその亡者送りが今日の夕方と言うことだったので、友人を誘って浅草まで鬼見物に出かけた。

_ 夕方5時半くらい

ってホームページには書いてあったが、実際には6時くらいに亡者送りが行われるとの事。

で、よせばいいのに浅草寺の中でずっと待っている我ら。いや寒いのなんの。

おまけに5時過ぎには境内の明かりは落とされてしまうので寂しいことこの上ない。

しかし時間が近づくと、その暗闇の中に結構人が集まっていることに気がつく。

暗闇&人混み&ザワザワってテンションあがってくるよねw

_ そして鬼が

6時ちょい過ぎに、唯一点いていた本堂の明かりがふっと消え、あたりが一気に闇の中に。

すると本堂から「うおう」というかけ声とともに鬼が2匹出てきた!

松明をかかげた鬼たちは、その松明を振り回しながら境内の中を練り歩く。

たまに松明を地面にぶつけると、その燃えさしにわっと人々が飛びつく。

この松明の炭は縁起がいいとの事なのでみんなそれを拾うのだ。

大きな燃えさしを拾った子供が奇声を上げながら走り始める。あー、テンションあがっちゃうよね〜。

奥の銭塚地蔵のあたりまで行ったところで松明を捧げて終了。

しかしそのあと本堂に引き上げる鬼と一緒に撮影会が始まったのには笑った。

もー一緒に写ったり、肩くんだり握手したり。鬼だというのにヒーロー扱い。

まあ鬼のライダーもいたことだし。

おもしろかったからよし。


2012-01-19 曇り

_ 4コマ漫画自炊

本棚にダブっていた「ひがわり娘」を自炊テスト。

裁断機にかけて一気にノドを落としてみる。

4コマなのでノドに余白が十二分にあり、裁断自体は問題なく終了。

さて、初めての漫画取り込みなので設定にチト悩む。

結局カラーページ部分は、エクセレント、カラー。本文はエクセレント、グレー、あとは特にいじらずに取り込んでみた。

結果としては細部まで取り込んではいるがモヤっとした絵になってしまった。

白黒でも試してみたが、線や文字がハッキリ出る代わりに細部が飛ぶ感じ。ちょうど一回コピー機にかけたような絵、と感じた。

_ 細かいことはいいんだよ

見やすくするとかの細部調整はこの後にいくらでもかければいいや、ということで

漫画の取り込みはこの設定で行くことにした。

ちなみに容量は125MBになった。OCRをかけると82MBになった。

まーこんなもんでしょう。

_ ボーダーランド取り込み終了

ちまちまと続けていた取り込み完了。

トータルで12冊であった。途中で抜けている号もあったし、最終号がいつかは知らないので多いんだか少ないんだか。


2012-01-20

_ 朝から寒いっす

今日は文章本の自炊に挑戦。

目の前にあった「超」怖い話Aを裁断機にかける。

文章だけなのでノドの余白に余裕がありすぎ。深く考えずに切ってもそれでOK。

本文はイラストもなく文章オンリーなので、

エクセレント、白黒、白黒濃度-3の設定で取り込んでみた。

何の問題もなく一発で取り込み終了。容量も18MBと非常に少なかった。

この本は230P前後なので簡単だったが、もっとページ数のある文字本だとどうなるか。


2012-01-21

_ 4コマコミック?

本棚でダブっていた「バラエティも〜にん」の1巻を使って自炊テスト。

漫画なのでかなりノドに近づけて裁断してみた。

裁断自体はすぐできたものの、やはり斜めに切れてしまうため最初と最後のページではサイズが微妙に変わってしまう。

おまけにそのままScanにかけたら、糊が取り切れてなく、数カ所で「くしゃぐしゃ」といういやな音が。

幸いこの作品はノド側にかかる絵柄が少ないのでCARLのカッタースライダーで切り直しが効いた。

今回はエクセレント、グレー、白黒読み取り濃度-2で本文漫画を取り込んでみた。

少しもやっとするのが気に入らないが、これにOCRをかけるとちょうどいい感じだとおもう。

白黒にして細部が飛ぶよりはマシということで、漫画は当分この設定だな。

_ Acrobatで全部できる

取り込んだカラーカバーの細工を別のグラフィックソフトで加工しようかと思ったが、サイズ調整とか面倒くさいよね。

ところがAcrobatのメニューをよく見れば「画像のトリミング」なんてあるじゃないですか。

これを使えばカバー表紙や折り込み部の切り出しや位置合わせが簡単簡単。

ここまでのノウハウを結集して加工。

PDF上でカバー表紙→カバー折り返し→表1&2→本文→表3&4→カバー折り返し→カバー裏表紙、と表示できた。

うん、形としてはこれがベターでしょう。


2012-01-22 雨のち晴れ

_ フラットスキャナーも使ってみる

本の自炊時に、めんどくさがってカバー表紙もScansnapで取り込んでいたが、

ネット越しにつないでいるプリンターはいわゆるマルチ機なのでスキャンもできるはず。

ホームページ上からドライバ一式をダウンロードして再セットアップ。

取り込み自体はScansnap付属のAcrobatで動かしてみる。

おお、さっくりPDFとしてスキャンできるじゃないですか!

これで本文と合わせればいいわけですな。

_ 糊はがし

小説や4コマ漫画はノドの部分に余白があるので裁断機できればよいが

漫画によってはノドギリギリまで絵がある、というか一般漫画はほとんどそう。

やはり絵はできるだけ多く取り込みたいじゃないですか。

糊だけ剥がせる方法をググって見たところ、アイロンで糊を柔らかくする方法が載っていた。

その手があったか。

アイロンも安いのは数千円だし、ちょっと買ってきて試してみようかな。

_ ざっくりと

カラー誌、小説、漫画と一通り取り込んでみたが、どうも一番面倒くさいものから始めてしまった様な気がする。

逆に言うと最大の難関はすでに突破したので、後はやるだけなんですけどね。


2012-01-23 雨から雪

_ 雨でめんどくさい

と思っていたが、夜にちょっとコンビニ行こうと思ったら、

ばっちり雪が降っている〜!

結構つもってる〜!

寒いわけです。雨のうちに灯油給油しておいてよかった。

でもアイロン買いに行けないっす。


2012-01-24 曇り

_ アイロン購入

ヨドバシカメラにいってアイロンを購入。

結構種類というか価格にピンキリあっておもしろかった。

ホビー用、なんてちっちゃいのもあったけど、結局コードレスの一番安いやつにした。

2660円なり、安いなぁ。

_ アイロン使用

さっそく家で漫画本の糊はがしに挑戦。

アイロンと本の間にキッチンペーパーを挟んで加熱開始。

30秒くらい加熱してから様子みいみいカバーを引っ張ると、おおっポロっと取れた!

本文の方も加熱→ペリペリ剥がす→剥がれにくくなる→再加熱→再剥がし

のループで簡単にばらすことができた。これはおもしろい。

キッチンペーパーには溶けた糊がベタッとつきまくり。

アイロン直接つけなくて本当によかった〜。

_ 後は

漫画本文の糊が付いている端の方をディスクカッターで整えればスキャンできると思う。

漫画はこの方法がベターかも?


2012-01-25 曇り

_ フィルター交換したら

水槽の上部に置いてあるウォータークーラーのマットを交換。

作業自体はすぐ終わったが、いったん止めてあった外部フィルターが起動しなくなりました。

原因は分かっています。以前掃除の時にプロペラシャフトが折れていたのを強引に使っていたせいです。

とっとと熱帯魚屋に行ってシャフトのパーツを購入。

交換したらサクッと再稼働。こころなしか以前より静かになったような……。

_ アイロン使って

ひだまりスケッチ1巻の表紙剥がしに挑戦。

ちょっと時間がかかったものの無事に薄利成功。

カラーページと奥付とかの絵がノドにかかっている部分は、さらに丁寧にアイロンがけ&カッターで薄切り。

本文はまとめて裁断機でドーン。

んでScansnapにエクセレント、グレーで取り込んで終了。

四コマ系はものすごく簡単に自炊できるなぁ。

アイロンテストで使った駅弁ひとり旅のコンビニ版は、ページ数は多いわ紙の地色まで拾うわで容量が凄いことになってしまった。


2012-01-26 晴れ

_ 水槽水替え

バケツ2杯でちまちまと。

エーハイムバイオケア添付。


最新 追記

以下のメッセージを削除するには、「設定」画面から「フッタ」を編集してください。

あらかじめREADME日記の書き方には目を通すようにしてください。